賃貸物件の種類と特徴

賃貸物件は、主にアパートやマンションといった集合住宅が多いでしょう。大抵の場合、賃借人は集合住宅を好むと言われています。集合住宅は、庭や前面道路の管理や清掃が不要な上に、自治会や町内会の加入も強制されず、近隣住民との付き合いもなくて、気楽に暮らせるからです。共用エントランスにオートロックが備えられた物件なら、押し売りや勧誘など招かざる来客に対処することもありません。もっとも、隣室とは壁一枚を隔てた距離しかないため、近隣の生活騒音に悩まされるリスクを負うことが必要です。

これに対して、一軒家をまるごと借りる戸建賃貸住宅は、数が少なく、ファミリー以外の需要が高いとは言えません。それでも、一部の賃借人には根強い人気があります。

戸建賃貸住宅のメリットと注意点

一軒家に住むと、庭の手入れや前面道路の清掃のほか、町内会の加入や地域への協力などの手間がかかります。しかし、隣家との距離が集合住宅に比べて格段に離れていることから、近隣の生活騒音に悩まされることは少ないでしょう。間取りも広く、家具の置き場所に困ることもありません。一軒家の場合、駐車場付きの物件が多く、車のオーナーには魅力的です。庭で家庭菜園をしたり、空きスペースに倉庫を置いたりして、ゆとりのある生活を楽しめます。 一軒家の管理はなかなか大変だと言われますが、経年劣化による修理箇所が見つかれば賃貸人に頼んで直してもらえばよいのです。この点、賃貸物件は持ち家より有利だといえます。ただし、一軒家は築年数の古い物件が多いため、定期借家契約を結び、建て替えの際には立ち退きを求められることもあるので注意しましょう。

札幌北区の賃貸マンションには、音楽演奏が可能な物件やペットの飼育が可能な物件があります。また、駐車場やバイク置き場付きの賃貸マンションもあります。