自由に飼えるわけではない

ペットブームの影響もあり、ペット飼育ができる賃貸物件が増えています。こうした賃貸は一戸建てマイホームと同じようにペットを飼えると思うかもしれませんが、一定の制限が設けられているのが普通です。例えば、ペットの種類に制限がある、飼育は2匹まで可能など。犬の場合は小型犬はOKで、中型犬や大型犬は不可とする場合が多いようです。ペット可能な物件だからと、無条件で飼うことはできないわけです。またペット相談可の物件に関しては、ペット可の物件よりハードルが上がります。大家さんに判断が委ねられており、例えば犬はよいけど猫はダメなど、物件によって条件が異なります。いずれにしても大家さんの指示に従ったうえでペットを飼うようにしましょう。

注意点についても知っておこう

ペット好きにとって嬉しいペット可の賃貸物件ですが、賃料が高めに設定されている点は要注意です。ペットを飼っていると少なからず部屋が傷つきますし、臭いも染みついてしまいます。猫であれば夜中に運動会のように走り回ることもあります。ペット可の物件はこうした事情を考慮し、設備が頑丈な設計になっていることが多いです。すると必然的に建築費用が高額になるので、賃料に反映されてくるのです。ほかにも退去時の原状回復費用が高額になる問題もあるため、事前に心得ておきましょう。できれば新築より中古物件のほうが好ましく、修理や原状回復費用を安価に抑えられます。空室のある賃貸も狙い目で、満室の場合より審査が甘くなっている可能性大です。