マンションと比べてどう違うのか

マンションもアパートも共同住宅に違いありませんが、一般的にアパートは階数が少なく、木造住宅が多いという特徴があります。マンションより簡易的な造りなので建設費が安く、賃料の安価な物件を探している人におすすめです。高齢になるとマンションからアパートに引っ越すという人がいますが、その理由で多いのは低層階生活です。

高層階のマンションは見晴らしがよいのが売りですが、高層に住んでいるとちょっと買い物に行くような場面で不便が生じてきます。アパートであれば一戸建ての感覚に近い生活ができ、気軽に買い物に行けるでしょう。ほかにも近所付き合いを最小限に抑えられる特徴もあります。高級マンションのような住人のヒエラルキーは起こりにくく、アットホームな雰囲気が形成されています。

防音性とセキュリティを確かめよう

アパートはマンションより防音性が低い傾向があるので、道路沿いの賃貸物件だと騒音が気になるかもしれません。なるべく静かな物件に住みたいという人は、交通量の少ない場所にある賃貸を狙ってみましょう。ただし生活音はある程度響くので、音に敏感な人にはマンションのほうが向いているかもしれません。

女性がひとりでアパート暮らしをするなら、セキュリティが重要なポイントです。周辺に防犯カメラが設置されている、建物が死角になりにくい場所にある、人が頻繁に行き交っている、などの条件を満たしていれば安全性が高くなります。インターホンが設置されていれば、ドアを開けることなく訪問者の確認ができるので便利です。女性向けのアパートの場合は、通常よりセキュリティが完備されている傾向があります。